公開日: 2021年8月19日 - 最終更新日:2021年8月20日

兵庫ヤクルト販売の新社屋を紹介

兵庫ヤクルト販売株式会社兵庫ヤクルト販売株式会社
  • シェア
  • twitter

この度、兵庫ヤクルト販売の新社屋が完成致しました。
部署を超えて結成したプロジェクトメンバーを始め、全社員で様々な検討を重ね進めてまいりました。
たくさんの想いと夢が詰まった、新社屋で新たなに業務を開始しております。

全ての工事が終了する11月には竣工を迎える予定となっております。
今回、少しではありますが新社屋をご紹介をさせていただきます。

新社屋のコンセプト

新社屋のコンセプトは、「健康情報発信station
「ヤクルトの良さを再認識し、それを体験する場所に」がテーマとなっています。
ヤクルトを通じての地域の方やお客さまとの繋がりや、おもてなし、すべての方々を健康にしたいという想いを、様々な形に変えて情報発信する出発駅として誕生しました。

エントランス

エントランスには、左官職人の久住有生氏デザインの壁と陶芸家の市野雅彦氏の作品が皆さまをお出迎え致します。

さらにこちらのエントランスには、兵庫ヤクルトならではの展示を今後予定しています。

新社屋では、個室や会議室にはそれぞれお花の名前が付いています。ミーティングの部屋を確認するたび社内にお花の名前が飛び交っています。

Shirota roomに秘密あり

1Fには、主に研修をおこなうShirota  roomがあります。実は、こちらにはぜひ見ていただきたいポイントがあります。
なんと!天井の照明がシロタマークになっているんです。

この他にも、食生活のヒントを発信するYakult Bio Kithenや、ヤクルト化粧品のすばらしさを発信する
Yakult Beautiensがあります。

ワーキングスペース

2Fのワーキングスペースに上がる扉には、マスクしたままでOKな顔認証。同時に検温も完了します。

ワーキングスペースでは、他部署との交流・社員同士がコミュニケーションを取りやすい環境が作れるように共有スペースが多くあります。また、フリースペースやファミレスブース、カウンターデスクなど、今までになかったデスクができています。 気軽に集まって打合せができるスペースも沢山あります。様々な場所で仕事できる環境になっています。
カーペットのイメージは、 “腸内フローラ”。グラデーションがかかったデザインになっています。

【3F】Minori café

『皆の健康を守る食堂』がコンセプトのMinori café。
Minori café の名前の由来は、生菌を扱う会社として、植物に囲まれながらその成長を見守り、「実り」の素晴らしさを感じて欲しいという思いからきています。

業務や・打合せ・読書・ランチと様々な実りがあるスペースです。
また今後、図書スペースをさらに充実した空間にしていく予定となっております。

テラスや屋上には、レモンやライム、オリーブなど多様な果樹や様々な植物に囲まれています。気候が良い頃には、この場所での業務や食事が人気の場所となりそうです。

オープン初日の豪華な記念メニュー

牛サーロインステーキ、ヤクルト1000入りポテトサラダ、具だくさんみそ汁、赤飯に、ウオクニ様からプリンのプレゼント頂きました。

思わず歓声が上がった幸せそうな笑顔で全員が完食したープン記念メニューでした。

まとめ

今回は、一部でしたが新社屋を紹介させていただきました。
皆さまのおかけで、兵庫ヤクルト販売は創立65周年を迎えることができました。
今後も、今まで以上にお客さま一人ひとりに寄り添い、笑顔と健康のお届けと
おもてなしできるよう努めてまいります。

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
兵庫ヤクルト販売株式会社

兵庫ヤクルト販売株式会社

兵庫ヤクルト販売株式会社は、ヤクルト商品を通じて兵庫県(神戸市、明石市、加古川市、高砂市、三木市)において地域社会への健康お役立ちを企業理念としてお客さまに健康と笑顔、元気を毎日お届けしています。