代表挨拶

代表メッセージ

健康お役立ちおもてなし企業を目指して

兵庫ヤクルトは、「地域を一番大切にする会社」を実践し「地域から一番大切にしたい会社」と言われる会社を目標とし、兵庫一の感動とおもてなしをサービス出来る会社を目指します。
兵庫ヤクルトは、1954年ヤクルトの創始者である医学博士・代田 稔の『一日でも早く、一人でも多くの方に健康になっていただく』その願いのもと、兵庫の地に誕生いたしました。そして、現在まで私どもは常に地域に寄り添い、皆さまの健康を願い歩んでまいりました。
私は、企業とは地域における『木』ような存在でなければならないと考えております。木は、花を咲かせ地域に安らぎを与えます。暑さ厳しい折には木陰を提供し人々に憩いをもたらします。そして、実をみのらせ地域に豊かさをもたらし、災害などから地域を守る。65年前、代田博士の願いが込められた小さな種がこの地に蒔かれ、一本の木に成長することができました。誰の手で育てていただいたのか。それは、地域の皆さまであることを私どもは忘れておりません。
笑顔と元気をお土産に心を通わすお付き合いのもと、「健康になること」「美しくなること」のすばらしさを真摯にお伝えし、その達成を共に喜ぶことを私どもの使命として、健康へのお役立ち、最高のおもてなしを地域の皆さまにお約束いたします。

代表取締役社長 阿部泰久

創業者の想い

最大の会社を望まず 最良の会社を目指そう

ヤクルトの創業に携わった人々の多くは、ヤクルトの素晴らしさを体感し、医学博士・代田 稔の崇高な想いに賛同した人々でした。
兵庫ヤクルト販売の創業者である阿部克己もその一人です。阿部克己は、神戸市兵庫区にて昭和31年(1956年)、兵庫ヤクルト販売の前身であるヤクルト兵庫営業所を設立し、当社は産声をあげることとなります。

当社の社是は、「最大の会社を望まず 最良の会社を目指そう」であり、これは創業者・阿部克己が定めたものです。これには、テリトリー制であるがゆえに事業を全国拡大していくことは望めないが、ヤクルト商品のお届けを通じて地域の健康づくりに貢献し、ヤクルトレディ、社員の幸せを実現できる会社づくりを目指そうという願いが込められています。
その想いは、当社の企業理念として受け継がれています。

創業者
阿部克己(1925-1995)

ヤクルトの誕生

「子どもたちの命を救いたい」

昭和初期の日本は、貧しい家も多く、栄養失調の子どもたちがたくさんいました。
そんな子どもたちは病気にかかりやすく、命を落とすことも少なくありませんでした。

ヤクルトの創始者である医学博士・代田 稔は「そんな子どもたちの命を救いたい」という想いで医学の道にすすみます。
ひとりでも多くの命を救いたい。でも、病気にかかってからでは遅い。

そこで、病気にならないための体づくりを模索した医学博士・代田 稔は、人間のパワーの源である「腸」に着目します。
そして、たどりついたのが腸を鍛える乳酸菌。こうして誕生したのが「ヤクルト」です。